Edit | Delete

物上代位と敷金充当の優劣

ABの賃貸借契約中に賃貸人Aの債権者Cが物上代位権を行使して、AがBに対して有する未払い賃料債権を差し押さえた。その後、AB間の賃貸借契約は終了し、明渡がなされた。
Cの請求に対してBは、賃料債権は敷金充当によって当然消滅していると主張。
Bの主張は認められるか?

民法

Optimized studying based on the forgetting curve vastly improves memorization. - What is reminDO?

Memorize

1701628j


Flag post / Block