"読書" Post in this tag
『OUTPUT』
●親友は多くても5人、3人いれば十分
●権威効果「〜大学の研究によると、」
●自己開示 本心を打ち明ける
●目標を細分化する 長期目標ではなく短い目標
●脳はマルチタスクができない 一点突破
●笑う 泣く(カタルシス気持ちの浄化)
●ポジティブなことだけの日記を書く

読書   Kaissei

ザイオンス効果
読書   Kaissei

「いちばん健康なのは、意識と無意識のあいだのドアを少しあけておくことだ」
不快なことを無意識に押し込めようとしゃかりきにならないことが大切だ
またインスピレーションや想像力というのはそういうところから生まれるものだ

読書   Kaissei

春の畦道の花よ
命のよろこびに目覚めなさい
永遠に善なるものをたたえながら
つかの間あることを楽しみなさい
おまえもまた想像することで
つましい貢ぎものをささげなさい
小さくおずおずと
でも力のかぎり息をなさい
永遠のこの日 胸いっぱいに!

読書   Kaissei

ファウスト
瞬間よとまれ、おまえは美しい!
わたしの地上の日々の痕跡は
永劫へと滅びはしない
その幸せの予感のうちに
今味わうぞ、この至高の瞬間を

読書   Kaissei

「生命は巨大な宝くじだ。そしてぼくたちは当たりくじにしか出会わない」
「生命の宝くじを引き当てた者は、死のくじも引かなければならない。なぜなら生命のくじの当たりは死なんだよ」
「現代は偽物の哲学と本物の哲学が本屋の本棚に混合している時代」

読書   Kaissei

もしも人間の脳がわたしたちに理解できるほど単純だったら、わたしたちはいつまでたっても愚かで、そのことを理解しないだろう
読書   Kaissei

「自分のチーズが大事であればあるほどそれにしがみつきたがる」
「物事は変わることがあるし、決して同じことにはならない。それが人生だ!人生は進んでいく。ぼくらも進まなくてはならない」
「つねにチーズの匂いをかいでみること。そうすれば古くなったのに気がつく」
「チーズは少しずつ減っていたし、しだいに古びておいしくなくなっていた。カビてきていたのかもしれない。何が起きているか注意して見ていたら、変化に備えていたら、あんなに驚くことはなかっただろう」
「新しい方向に進めば新しいチーズがみつかる」
「恐怖を乗り越えれば楽な気持ちになる」
「古いチーズに早く見切りをつければ、それだけ新しいチーズがみつかる」

読書   Kaissei

僕は途方に暮れている。どうしてもわからない。なぜ誰かを深く愛するということが、その誰かを深く傷つけるというのと同じじゃなくちゃならないのかということがさ。つまり、もしそうだとしたら、誰かを深く愛するということにいったいどんな意味があるんだ?
読書   Kaissei

いいかい、君の母親の中にもやはり激しい恐怖と怒りがあったんだ。今の君と同じようにね。たとえ君を愛していたとしても君を捨てないわけにいかなかったんだ。君がやらなくちゃならないのはそんな彼女の心を理解し、受け入れることなんだ。彼女がその時に感じていた圧倒的な恐怖と怒りを理解し、自分のこととして受け入れるんだ。それを継承し反復するんじゃなくてね。言いかえれば、君は彼女をゆるさなくちゃいけない。それが君にとっての唯一の救いとなる。そしてそれ以外に救いはないんだ。
読書   Kaissei

戦いを終わらせるための戦いというようなものはどこにもない。戦いは、戦い自体の中で成長していく。それは暴力によって流された血をすすり、暴力によって傷ついた肉をかじって育っていく。戦いというのは一種の完全生物なんだ。
読書   Kaissei

想像力を欠いた狭量さ、非寛容さ。ひとり歩きするテーゼ、空疎な用語、簒奪された理想、硬直したシステム。僕はそういうものを心から恐れ憎む。
それらは寄生虫と同じで、宿主を変え、かたちを変えてどこまでもつづく。そこには救いはない。

読書   Kaissei